New ! 3月のオススメ出会い系 ラブサーチ 月額2,880円(定額)[18禁] お得な6ヶ月プランも登場  ラブサーチの詳細
ナンパ成功法ナンパジスタ > 第2章 ナンパスポットに出かけよう > ホームを複数持つ

ナンパのホームを複数持つ

1.リスクヘッジ 2.アポ・デート対策 3.ナンパ師との交流 4.まとめ

 第2章のはじめ ホームグラウンドを持つでは、ナンパスポットとして、自分のホームを持つことをお勧めしました。

 ここでは、それを発展させ、複数のホームを持つことのメリットを解説します。

1.リスクヘッジ


 ナンパのホームグラウンドを複数もつことのメリットとして挙げられるのが、リスクヘッジです。

 リスクヘッジとは、リスクを回避したり、低減することを意味します。

 たしかに、一つのホームグラウンドに集中すると、そのナンパスポットに詳しくなり、ナンパの成果も出しやすくなります。

 しかし、成果が上がるにつれて、リスクも次第に大きくなってきます。

 たとえば、キャッチやスカウトに面が割れ、理不尽な警告を受けることがあります。また、女性に対しても、いつもいるナンパ師と認識されやすくなります。

 更に、ナンパで彼女が出来た場合などは、ホームで知り合った彼女だと、そのナンパスポットでナンパしづらくなります。

 一つのナンパスポットのみに集中すると、成果が上がる反面、こうした不都合も出てくるのです。

 そこで、こうしたリスクを低減するために、メインのホーム以外に、別のナンパスポットを、第二、第三のホームグラウンドとして、開拓していくことが必要になってきます。

 なにかトラブルがあった場合に、その時点から、別のナンパスポットを開拓するのは、意外と大変です。ですから、普段から、第二、第三のホームを作ることを意識すると良いでしょう。


2.アポ・デート対策


 複数のホームを持つことのメリットとして、次に挙げられるのが、アポ・デート対策になるということです。

 たしかに、自分のホームで、アポやデートを出来れば、主導権を取りやすく、女性に有利に接しやすくなります。

 しかし、いつもいつも、自分のホームでアポができるとは限りません。

 時には、女性の都合で、自分のホームグラウンドを、アポに指定できないケースも出てきます。

 そうした場合に、自分のメインのホームではなく、第二、第三のホームをアポやデートの場所として提示できると、メインのホームほどではないにしても、比較的、主導権を取りやすくなります。

 たとえば、食事や遊ぶ場所を自分から指定しやすくなりますし、ラブホテルへの移動もスムーズにできるでしょう。

 こうしたケースにも備えて、サブのホームを持つと、アポやデートの対策になるのです。


3.ナンパ師との交流


 三つ目のメリットとして、他のナンパ師との交流を挙げることができます。

 普段、自分のホームばかりで活動していると、限られたメンバーとのみナンパをする機会が多くなります。

 もちろん、男性と遊ぶのが、ナンパの目的ではないので、それでも構わないとも言えます。

 しかし、いわゆる“ナンパコミュニティ”がネット上のブログなどを介して存在している以上、そのコミュニティに参加してみることも、いろいろとメリットになります。

 たとえば、別のナンパスポットに行ってみると、自分がよく読んでいる、お気に入りのナンパブログの作者に偶然にも会えることがあります。更には、合流できて散策しながら、そのナンパスポットの特徴を教えてもらえたり、ナンパの方法を教えあったりすることもできます。

 このように、別のナンパスポットを開拓すると、他のナンパ師との有意義な交流を持つことができるのです。

 なお、こうして、人脈が広がったなら、そこで親しくなったナンパ師が、逆に、自分のホームに来た場合には、自分がホームを案内して、より親しくなることも可能です。


4.まとめ


 複数のホームグランドを持つことのメリットは、

1.ナンパスポットでのリスクヘッジ
2.女性に対しての、アポ・デート対策
3.ナンパ師との有意義な交流

 この三点を挙げることができます。


 たしかに、新たなナンパスポットを開拓するのは、手間と時間がかかるため面倒とも言えます。しかし、、その分だけ、メリットとなることも多いので、第二、第三のホームを持つことにチャレンジしてみると良いでしょう。


この記事への拍手 7票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017Nanpazista. All Rights Reserved.

総計:09718993 本日:00641 昨日:00812