ナンパ成功法ナンパジスタ > 第11章 モテる方法の解説 > ナンパファッション中級編

ナンパファッション中級編

1.季節ごとに3着は用意する 2.系統を統一し着回す 3.サイズに気を配る

 ここでは、ナンパファッション初級編に続き、中級編として、ナンパのためのファッションについて、検討します。

季節ごとに着まわす服を揃える


1.ワンシーズンに、“3パターン”は服を用意する


 これは、女性受けが良い順に、第1候補から第3候補まで、最低でも3つの服のパターンを、季節ごとに用意するということです。

 なぜ、3パターン必要かというと、ナンパ当日用(即用)、アポ用(準即用)、デート用(準準即用)と、ゲットするまでに、ケースにより3回は女性と会う機会があるからです。

 また、3パターン以上なければ、その後の女性との付き合いという点でも、無理が出てきます。

2.ナンパ勝負服を用意する


 これは、それぞれの季節に、もっとも自信のもてるナンパ服を用意するということです。そのシーズンの第1候補とするものが、その勝負服になります。

 そのため、多少、値段が高くても、良いもの、ベストなものを、雑誌・ストリートなどで、十分研究した上で、購入します。

3.夏は安く、冬は高くなる


 これは、夏はTシャツとジーンズだけで、十分ナンパできるのに対し、冬は、
コート、ジャケットなどアウターにお金がかかる
ことを意味しています。

 ですから、冬に、ナンパ用の服を買う際には、事前にある程度お金を貯めておくことも必要です。

 ※第1候補のナンパ服を4万、第2候補を3万、第3候補を2万円と揃えると、ワンシーズン
約9万円かかります。9万円×春夏秋冬=36万円くらいは、年間の服代が必要とも言えます。
 もちろん、翌年にも使えるので、毎年少しずつ買い揃えていくのでも、良いでしょう。


ナンパ服の系統を統一する


 上記で、季節ごとに、第1候補から、第3候補まで、トータルで服を揃えるということをお勧めしましたが、もう一つ注意点があります。

 それは、それぞれの服の系統を統一するということです。

 第1から第3候補までを同じ系統で揃えたなら、それらをミックして、第4、第5の着まわしパターンを作ることができるようになるのです。

 逆に、それぞれの候補をばらばらにしたならば、そういったコーディネートの応用はしづらくなります。

 たとえば、お兄系、ギャル男系、サーフ系、きれい目系、原宿・下北系とばらばらに揃えたなら、着回しという点から見て、コーディネートしづらいのは、誰の目にも明らかでしょう。

 お兄系ならお兄系、ギャル男系ならギャル男系で、統一したファッションをすると、着まわしという点で、効果的です。

 もちろん、ギャル男系+サーフ系のように、馴染みやすい系統のミックスはもちろん可能ですが、系統を揃えた方が何かと便利でしょう。


サイズにも気を配る


 当たり前のことですが、服や靴を買うときには、ベストなサイズのものを選択するようにしましょう。

 2つのサイズで迷う場合には、両方を試着して、しっくりくる方を買うようにします。大きすぎると、だらしなく見え、逆に、小さすぎると貧相に見えます。

 基本的に、どんな洋服でも、標準的(理想的)なスタイルの人が似合うようにできているので、太っている人は、まず自分自身を標準のスタイルにしましょう。

 そうでないと、どんな服も結局は、似合わないということになってしまいます。

 服のサイズに気を配るのはもちろん、自分自身の体型といったサイズにも目を向けるようにすると、着こなしなどが活きてきます。

 また、靴に関してですが、ナンパ師にとっては重要アイテムです。靴擦れなどを起こすようでは、ナンパに支障がでてしまいます。ですから、デザインだけでなく、履き心地にも注意し、洋服の選択以上に、慎重になると良いでしょう。

この記事への拍手 13票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017 Nanpazista.

合計 09870445 今日 00603 昨日 00707