ナンパ成功法ナンパジスタ > 第15章 女性のためのナンパ講座 > なぜ声をかけられるのか?

なぜ声をかけられるのか?

ナンパとナンパ以外を見分けられるようにする

女性のためのナンパ講座

 このカテゴリーでは、女性専用のナンパ講座として、女性を対象として、女性に役立つナンパの基礎知識・ナンパの情報を述べていきます。

 もし、女性であるあなたが、有名な繁華街やストリートを歩けば、多くの人が声をかけてくるのを経験することでしょう。

 しかし、それがナンパであるかと言えば、そうでないケースも多々あるはずです。むしろ実際には、ナンパでないケースの方が多いのではないでしょうか?

 よくある順に挙げていけば、
  1. キャッチセールス
  2. (風俗関係の)スカウト
  3. ホスト 
  4. 宗教関係 
  5. アンケート依頼 
など、ナンパ以外にもこの類の声かけが日常的に行われています。


ナンパとナンパ以外を区別する


 まず、ナンパされてみたいという女性であるならば、上記のナンパ以外のものと、普通のナンパをきちんと見分けられなければ少々危険です。

 実際に、声をかけられたのが、ナンパであるのか、そうでないのかは、大きな違いがあります。

 ナンパは、男性にとって楽しむものであり、かつ女性としても出会いの一種として楽しむことができる可能性が十分にあるものです。

 しかし、上記のナンパ以外のものは、事業として利益・利潤を生むために行われるものであり、楽しむという要素はありません。あったとしても見せかけのものでしょう。

 ですから、まず繁華街・ストリートなどで声をかけられたら、それが、ナンパなのか、何かの勧誘なのかの区別をしっかりすることが大事です。

 たいていの場合は、見た目だけでどういう類の声かけか判断ができると思いますが、そうでなければ、何が目的なのかきちんと確認した方がよいでしょう。


ナンパ以外の具体例


1.キャッチセールス


 キャッチセールスは、それ自体は違法ではなさそうですが、実際問題として、高額で割高な美容器具・化粧品・絵画・宝石などの売買契約を結ぶことを目的としてなされるものなので、関わると思わぬ損失につながる恐れがあります。

 勧誘をする人の特徴としては、身分証のようなものを首からかけている、モデルになって欲しいなどと言い特定の店舗(事務所)に連れて行こうとする等があげられます。

 より悪質なキャッチセールスでは、不当な売買契約だけでなく、その支払のための消費金銭貸借契約(いわゆる消費者ローン・サラ金の契約)を結ばせ、高利息を取るなどのケースもあります。

2.(風俗関係の)スカウト


 これは、キャバクラからソープランド、果てはAVまで、性風俗の仕事の勧誘を目的として行われるものです。これも、一般の女性であるならば、関わらないに越したことはないでしょう。

 特徴としては、今よりいいアルバイト・仕事があると勧誘する、セカンドバッグやメモ帳を携帯しているなどがあげられます。

 そもそも、スカウトは、労働基準法(中間搾取の禁止)・職業安定法(許可制)などに違反しているおそれがあります。

3.ホスト


 これは、いうまでもなくホストクラブへの客引きとして行われるものです。初回の来店は、割安になっており遊びに行きやすい料金になってますが、結局は、ホストにのせられ割高になってしまうでしょう。特徴としては、ブランド物のスーツなどを着た、数人のグループ単位で客引きをしています。

 なお、現在では、多くの条例で、客引き行為を違法とし、禁止しています。

4.宗教関係


 これは、「手相の勉強をしています。手相を見させてください。」などと声をかけてきて、宗教に勧誘し信者を増やすことや、高額な商品(印鑑や壺など)を販売する目的でなされています。見た目にも地味な人が多く、ナンパとは似つかないので区別は容易と思われます。

5.アンケート


 アンケートの依頼なども、個人情報の取得を目的とした怪しいものもあり、あまり係わり合いにならない方がよいでしょう。また、雑誌の取材などと言うものの、実際にはアダルト雑誌の撮影依頼などというものもあるので注意が必要です。


 ナンパ以外に行われる声かけには、以上のようなものがあります。しかし、こればかりではなく、ストリートには色々な人がいます。ですので、危険か危険でないかの判断がつくように、きちんと見極めることが大切です。

この記事への拍手 10票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017 Nanpazista.

合計 09843784 今日 00154 昨日 00690