New ! 3月のオススメ出会い系 ラブサーチ 月額2,880円(定額)[18禁] お得な6ヶ月プランも登場  ラブサーチの詳細
ナンパ成功法ナンパジスタ > 第15章 女性のためのナンパ講座 > ナンパを上手に断る方法

ナンパを上手に断る方法

ナンパに関わりたくない女性のために

 「ナンパはお断り!」という女性の中には、ナンパされるのが嫌いなのに、遊びに行くとなぜか声をかけられてしまうという女性も多くいると思います。

 そこで、ここでは、ナンパに対する予防、すなわち事前対策と、ナンパされてしまってからの対応、すなわち事後対策に分けて、上手なナンパの断り方について考察します。

ナンパに対する“事前”対策


 まず、ナンパされるのが嫌でしたら、そもそもナンパされないようにすれば良いわけです。

 つまり、ナンパ師に対し予防線を張るわけです。その方法としては、

 ・ 無表情・険しい表情で歩く
 ・ 早足で歩く
 ・ イヤホン・ヘッドホンで音楽を聴きながら歩く
 ・ 携帯電話で話しながら歩く

 などがあげられます。こうすることで、声をかけられる隙をつくらず、迷惑な声かけを予防することができます。


ナンパに対する“事後”対策


 もし、ナンパされないよう早足で歩いていたとしても、それでもナンパされてしまう場合もあるでしょう。そうしたなら、事後対策として以下の様にすると有効です。

 ・ 無視して歩きつづける
 ・ ダッシュでそのナンパ師から離れる
 ・ 「急いでいる」ときっぱりと伝えそれ以上話さない

 基本的には、無視するが一番です。無視してもしつこいようなら、ダッシュで逃げましょう。

 事前対策と事後対策を併用するだけで、9割以上のナンパ師がすぐ撤退するはずです。


ナンパの上手な断り方


 しかし、そういう断り方だけだと、ちょっと味気ありませんし、冷たすぎると感じられます。

 もし、余裕があるなら、一通りそのナンパ師が言うことを聞いてみるのはどうでしょうか?話を一通り聞いてくれた後で、

 「声をかけてくれたのは嬉しいけど、急いでいるから本当にゴメンなさい」
 とか、
 「遊びたいけど、彼氏に怒られるからゴメンなさい。」

 などと、笑顔で断ってくれる女性も中にはいます。すると、断られたナンパ師の側でも、どういう訳か、ちょっと嬉しい気分になります。

 きれいな女性が、自分の話を聞いてくれた上、笑顔で接してくれたというのが、たとえ断られたとしても、気分を良くさせるのかもしれません。

 こういう上手な断り方ができるのは、比較的きれいな女性に多いと感じられます。やはり、そういう女性は男慣れしていて余裕があるのかなという印象を受けます。


下手な断り方(やってはいけないこと)


 女性も一人の人間です。自分の機嫌が悪い時、とても具合が悪い時などに、ちゃらちゃらとしたナンパをされると頭にくることもあるでしょう。

 しかし、そうだからといって、次の様なことをするのはまずい断り方です。

 ・ 罵詈雑言をあびせる
 ・ 彼氏(ヤ○ザなど)に言いつけると脅す

 どういう訳か、ナンパ師に対し、最初の一声目で、暴言を吐く女性がごく稀にいます。例えば

ナンパ師 「こんにちは!ちょっといいかな?」

女性 「うっせー!気安く話しかけんな!」

ナンパ師 「・・・。」

なんてことも、ナンパしていると年に一度くらいあります。この女性は自分で自分を危険にさらしているとも言え、ちょっと危険です。

 なぜなら、世の中には、マナーの良いナンパ師だけでなく、そうでない人もいるからです。そもそも、最初の一声目では、何が目的か、その人はどういう人なのかも良くわからない訳です。もしかしたら、危ない人かもしれません。そういう人に向かって暴言を吐いたなら危険でしょう。

 たまに、路上で、女性とキャッチセールスが揉めている所を見ることがありますが、女性が暴言を吐いたことが原因になっていることが少なからずあるようです。

 たしかに、ナンパは社会的に良いものと認知されているわけではなく、ある意味サブカルチャーとも言うべきものです。

 しかし、人とのコミュニケーションには、違いありません。声をかける方もかけられる方も、気持ちよくコミュニケーションが取れるのが、やはり良いのではないでしょうか。

この記事への拍手 18票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017Nanpazista. All Rights Reserved.

総計:09716126 本日:00601 昨日:00724