ナンパ成功法ナンパジスタ > 第13章 タイプ別ナンパ攻略 > 女子高生をナンパする

女子高生をナンパする

女子高生 jk のナンパには、法律、条例による規制あり

 ここでは、女子高生のナンパについて検討します。
 ただ、現在では、女子高生のナンパについては、重要な注意点があります。

※ 18歳未満との性交、または性交類似行為は、法律・条例違反。

 青少年の保護育成を目的とする法律・条例は多く、ナンパ師も当然、これらの法令を遵守しなければなりません。

 ただ、プラトニックな関係を超えない限り、ナンパで女子高生と出会うことは自由な行為と言えるでしょう。

 日本は、自由社会であり、基本は自由であるべきです。

 以下では、プラトニックな関係を超えないという前提で、女子高生のナンパについて検討していきます。

女子高生のナンパ


 以下で、女子高生のナンパについて述べ・・・

 と思いましたが、やはり、やめておきましょう。

 女子高生はナンパしないに限ります。

 それが、自分をリスクから避ける最善の方法と思われます。


女子高生ナンパの問題点


 児童買春防止法・児童ポルノ禁止法、そして、各都道府県の青少年保護育成条例などが制定されたのは、本来、援助交際やブルセラといった問題から、青少年を保護するのが目的であったはずです。

 しかし、現在の法令では、たとえば、海やプールで、20歳の社会人が、高校2年生の女子高生と出会い、カップルになり、一夏の恋を楽しんだ場合、その男性は逮捕されうるということになっています。

 アルバイト先で、20歳の大学生と17歳の女子高生が恋愛関係になり、一線を超えた場合も同様のことが言えます。

 援助交際やブルセラを取り締まるという本来の目的を達するために必要な以上の過度の制限がなされているのが、現時点での法令と思います。

 法を運用する側としては、これらすべてを取り締まるのではなく、悪質な場合を取り締まるというような考えを持っているようにも思えますが、結果、法を運用する側の気分次第な適用に繋がるのではないかと疑問の余地もありそうです。

関連記事:ナンパと法律・条例について

(追記)
 上記記事を書いたのは、2007年前後だったと記憶していますが、2009年に、実際に、条例の適用が疑問視される事件が起きました。
ttp://www.j-cast.com/2009/05/14041097.html?p=all
「無理強いなく、金も払わず」でなぜ 大学生の淫行逮捕に疑問相次ぐ
J-CASTニュース

この記事への拍手 8票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017 Nanpazista.

合計 09870475 今日 00633 昨日 00707