New ! 5月のオススメ出会い系 ラブサーチ 月額2,880円(定額)[18禁] お得な6ヶ月プランも登場  ラブサーチの詳細
ナンパ成功法ナンパジスタ > 第6章 ラブホテル・自宅への誘い方 > ラブホテルの選び方

ラブホテルの選び方

1.安いラブホテル 2.高いラブホテル 3.ナンパでの選び方

 ここでは、ナンパが上手くいき、女性とラブホテルに行く場合、そのラブホテルの選び方について検討します。

 もちろん、ラブホテル以外にも、エッチをすることができる場所はあるのですが、当サイトでは、ラブホテルを利用することをお勧めします。

 理由としては、
1.当然、エッチがしやすい場所である
2.ラブホテルでエッチした場合には、女性の同意があることの推定が働く

 主に、この2つが挙げられます。特に、2の女性の同意という点は、ナンパという関係ですから、リスクの低減という意味で重要です。

 ラブホテルには、大きく分けて2種類のラブホテルがあります。

 一つは、安いラブホテル。もう一つは、高いラブホテルです。


安いラブホテル


 安いラブホテルとは、『休憩3時間 全室オール 3,500円』というような看板が表に出ており、外装・内装ともにチープな感じのラブホテルのことです。

 フロントに行っても、部屋を選択する余地はなく、受付のおばさんに、お金を払って部屋の鍵を渡され、その部屋に行くというようなラブホテルです。

 特徴としては、全般的に、非常に狭く、ベッドと、小さなテーブルと椅子があるだけという部屋がほとんどです。


高いラブホテル


 高いラブホテルとは、外装・内装とも綺麗であり、休憩が、2時間、5,000円以上、宿泊をすると1万円前後してしまうラブホテルのことです。

 フロントに行くと、空きの部屋の写真が、上から高い順に、パネルに表示されています。

 特徴としては、様々な部屋があり、比較的、部屋が広く、洋室・和室が選択できたり、日焼けマシンがおいてあるとか、ジャグジーがあるとか、キャラクターグッズで統一されていたりと、カップルを喜ばせる雰囲気と、調った設備が色々と工夫されていたりします。

ナンパ向きのラブホテル


 それでは、ナンパ当日に、即エッチをする場合、どちらがナンパ向きのラブホテルなのでしょうか?

 正解は、安いラブホテルです。

1.当日の即エッチでは、部屋の良し悪しは問われない


 ナンパで、当日にエッチをする場合には、ほとんどノリと勢いで、エッチに至るケースがほとんどです。

 そういう場合に、「綺麗な部屋じゃなきゃヤダ!」という女性はほとんどいないのです。

 そうであるなら、安いラブホテルで、エッチしてしまう方がお得でしょう。

2.綺麗なラブホテルは、エッチを意識させ過ぎる


 先にも述べたように、綺麗なラブホテルには、きちんとパネルがあり、写真で部屋が選べるようになってます。

 その写真には、ベッドが真中に写っており、いかにも、これからエッチをしますという雰囲気を出しています。

 逆に、安いラブホテルだと、狭いフロントで、少し、おばさんとやりとりして、鍵を受け取れば、ベッドなど意識させずに部屋まで行くことができます。

3.綺麗なラブホテルは、後日にとっておく


 即エッチを、安いラブホテルで済ませた場合には、2度目で、綺麗なラブホテルに、連れて行ってあげれば、女性に、きちんと自分のことを考えてくれているんだという気持ちをもってもらえ、好印象を与えることができます。

 逆に、最初が、高いラブホテルで、次が、安いラブホテルとしたなら、当然、手抜きと思われて印象が悪くなるでしょう。


ナンパでのラブホテルの利用法


 大きなメインターミナルのある繁華街では、そのメインストリートの奥の方で、裏手が、ラブホテル街になっているケースが多くあります。

1.安いラブホテルを2つ、高いラブホテルを2つ、メインに使う


 これは、ナンパをする際に、あちこちのラブホテルを一見で使うのではなく、メインで使うラブホテルを決めておくということです。

 安いラブホテルを2つ知っていれば、どちらかが満室の時、保険として、もう片方を選択することができます。

 綺麗なラブホテルについても、同様のことが言えます。

 また、日頃から利用しているラブホテルなら、そこの設備がどれだけ調っているかや雰囲気を前もって知っておくことができます。

 そうすると、エッチまでの流れが、パターン化でき余裕が出てきますので、成功率も高くなるのです。

2.綺麗なラブホテルは、彼女や重要なアポに使う


 綺麗なラブホテルは、もちろん料金が高いです。ですから、本命の彼女や、大事に繋ぎたい女性とのアポ限定で、利用すると良いでしょう。

 そうでないと、ラブホテル代が非常にかかることになります。宿泊などすると、
一気に1万円前後の出費となりますので、そういうことが続くとナンパの資金繰りが苦しくなってきます。

 もっとも、ナンパした女性を、自宅に連れていっても構わない人でしたら、信用できる彼女などは、自宅に連れて行ってあげる方が良いでしょう。


ラブホテル全般について


1.延長料金


 まず、延長料金についてですが、これが意外と高かったりします。休憩料金と延長料金を足すと、宿泊料金くらいになることがよくあります。

 ですから、時間前にコールしてくれるラブホテルだと、ナンパ師としては、評価が少し高くなります。そういうラブホテルを選びましょう。


2.ラブホテル代について


 いろいろな雑誌を見ていると、ラブホテル代は全部、男性が払うというのが多数派のようです。

 しかし、実際には、千円、2千円くらいは、自分から出してくる女性も結構います。時には、割り勘ということや、逆に、奢ってもらえることもあります。

 これについては、奢ってもよい人は奢るし、そうでない人は、少し出してもらうというというスタンスで、人それぞれで良いと思います。

 ただ、絶対に男性が出さなければダメということではないのです。

3.コンドームについて


 綺麗なラブホテルだと、コンドームも、ブランド物や、面白いタイプのものなど、きちんと、いくつか用意されています。

 しかし、安いラブホテルの場合には、ものが良くなく、あまりフィットしないものが置かれていたり、最悪、置いていないという場合もあるので、安いラブホテルを多用する人は、自分で一つは持っておいた方が無難です。

4.鍵はかけておく


 オートロックになっている場合がほとんどだと思いますが、中には手動の場合もあります。いきなり、知らない人が、開ける可能性もあるので鍵はかけましょう。

 ちなみに、クリスマスに利用したら、突然、サンタがケーキを持って来たことがあります。知らない客からしたら、ちょっと迷惑だとも思うのですが、きっとサービスのつもりだったのでしょう。

この記事への拍手 43票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017Nanpazista. All Rights Reserved.

総計:09771535 本日:00795 昨日:00565