ナンパ成功法ナンパジスタ > 第14章 ナンパでエッチする > キスの仕方と注意点

キスの仕方と注意点

キスに始まり、キスに終わる

 ここでは、キスの仕方・注意点について検討します。

 言うまでもなく、女性とのエッチにおいて、キスはとても重要なものです。
 「キスに始まり、キスに終わる。」といっても良いでしょう。 

 カラダに相性があるように、キスにも相性があります。また、下手なキスよりは上手なキスであるに越したことはないでしょう。

 以下、キスをする際の注意点をいくつか挙げていきます。

1.柔らかいキスをする


 「柔らかい」ということの意味は、「かたいキス」をしないということです。

 焦っていたりすると、ぎこちなく妙な力が入ってしまいます。こうしたやり方だと、気持ちよくないですし、女性に不慣れなことがバレバレになります。リラックスして力を抜き、気持ち良いポイントを探るようにしていくと上手くいきます。

 また、歯があたるのも未熟さの現れであり、スマートではありません。

2.強弱をつける


 はじめは触れるか触れないかのライトなキスからはじめます。時間をかけ、だんだんとディープな感じにしていきます。

 強弱をつけることで、女性も自分も気持ちが昂ぶってくるのがわかります。

3.色んな場所にキスをする


 くちびる以外のところにもキスをしていきます。ほお、おでこ、首すじ、耳なども、どういう反応をするか確かめながらキスしたり舐めてみたりします。

 女性によっては、耳などが性感帯になっている場合もあるので、ポイントを責めると、興奮度をより高めることができます。

4.キスマークは要注意


 はじめはライトな感じのキスをしていても、だんだんとディープになり色々な場所にキスしたり、キスされるようになります。

 この際に、油断するとキスマークをつけられてしまうことがあります。女性としては、自分が彼女であるということをアピールをするつもりなのかもしれませんが、あとで別の女性とデートの約束がある場合などは、問題になります。

 あるいは、翌日にもナンパする予定なら、キスマークが首筋なんかについていたら、連出しできても気まずいものがあります。

 首筋にキスされる時は、一応注意した方が良いでしょう。

5.においに気をつける


 お酒やタバコの後、、あるいは、匂いの強い料理を食べた後などは要注意です。どんなにキスが上手くても、やな匂いのするキスだと興醒めです。それどころか上手くいくものも上手くいかなくなります。

 お酒や食事の後などに、いつも清涼感のあるガムや飴などを食べるようにするのも良いでしょう。

 なお、くちびるがカサつかないように普段からのケアも大切です。

この記事への拍手 17票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017 Nanpazista.

合計 09923146 今日 00101 昨日 00708