New ! 5月のオススメ出会い系 ラブサーチ 月額2,880円(定額)[18禁] お得な6ヶ月プランも登場  ラブサーチの詳細
ナンパ成功法ナンパジスタ > 第12章 ストリートナンパの豆知識 > お正月のナンパ

お正月のナンパ

お正月・冬休み・姫はじめについて

 『一年の計は元旦にあり』 こう言われるように、一年の計画は、その年の初め、お正月に決めるのが良いでしょう。

 この一年、どれくらいナンパに時間を使うか、どれくらいの成果を求めるか、自分なりに目標と計画を立ててみると、ナンパ自体にメリハリがついて良いモチベーションにつながります。


お正月のナンパ


 お正月のナンパといって、まず思い浮かぶのは“カウントダウンナンパ”や“初詣ナンパ”でしょう。

 ただ、これらのイベント自体は、クリスマス同様、カップル向きのイベントといえ、少々、ナンパには分が悪くなります。

 ですから、無理に、このイベントの日にナンパをする必要はないでしょう。
 ただ、どうしてもナンパしたいという人なら、ソロでなく、コンビナンパで臨むと良い結果が出ると思います。

 カウントダウンや初詣において、ソロのナンパというのは実際、困難です。

 あえて言うなら、“三が日”は、キャッチセールスやスカウト、ホストなどが、ストリートにいないという点がメリットにあげられます。


冬休みが狙い目

 お正月のナンパは、カウントダウンや元日よりも、“三が日”が過ぎてから7日くらいまでの冬休みが、むしろ狙い目です。

 元日からの三日間は、繁華街でも休みの店が多く、ラブホテルもお正月料金で割高だったりします。

 しかし、三が日を過ぎたあたりから、だいたい通常通りの営業となり、お正月の雰囲気も少しずつ薄らいできます。

 学生など、冬休みの人もまだ多く、また、冬のバーゲンなどで、繁華街に買い物に来る女性も多くなるので、そういった人を狙い目にしてナンパをすると良い結果がでるでしょう。


姫始め(姫はじめ)


 新年を迎えると、“姫はじめ”ということも頭に浮かんでくるでしょう。

 彼女がいる人なら、その彼女とするのが筋だと思いますが、そうでないナンパ師なら、ナンパで姫はじめということを考える人も多いと思います。

 ただ、お正月の“三が日”は、ラブホテルなどお正月料金で割高、かつ、混んでて空室待ちという場合も多くあり、少し時期をずらす方が良いかもしれません。

 中級レベル以上のナンパ師なら、ナンパで姫はじめをするのも、それほど困難でないと思いますが、初心者にはだいぶ難しいと思います。

 真冬で寒い上、なかなか番号交換、遊び連出しも上手くいかないという人も多くいるでしょう。

 しかし、ここで、焦ったりすることなく、年間を通してのスキルアップの一環と考え、ナンパに取り組んでいけば、一月は無理でも、二月、三月と必ずチャンスが巡ってきます。

※ 姫始めについて
 江戸時代の「好色一代男」(井原西鶴 著)にすでに現れている言葉です。
また、広辞苑には、“暦の読始、姫始をかし”(季語;新年)と表記されています。

 姫はじめは、日本文化に特徴的なものなのでしょうか。現在でも、多くの男性が意識しているように思います。なお、姫はじめには、エッチ以外にも、本来、いくつかの意味があり、実は奥ゆかしい言葉のようです。


この記事への拍手 10票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017Nanpazista. All Rights Reserved.

総計:09772712 本日:00410 昨日:00752