ナンパ成功法ナンパジスタ > 第16章 ナンパとライフプラン考察 > ナンパのすすめ

ナンパのすすめ

1.経済格差 2恋愛格差 3.格差からの脱却

 『天は人の上に人を造らず。人の下に人を造らず。』

 このフレーズは、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。
 学問のすすめ  の冒頭で、福沢諭吉が、述べている一文です。

 もっとも、このフレーズの意味するところは、「現実には、人は平等なのではない」ということであり、格差が生じるのは、ひとえに学問(実学)があるかないかによるとされています。

 学問を知り、実業を起こす者や、国・社会に貢献する者が、富に恵まれるとされています。

 今日、格差社会の問題点がクローズアップされ久しいですが、そうした現在こそ、もう一度、この意味を問い直すことが必要かもしれません。


 これと関連して、今の格差社会を表す言葉として、「80:20の法則」と呼ばれるものがあります。

 「80:20の法則」とは、富める2割の人間が、8割の富を所有し、8割の貧しい人が残り2割の富を分かちあうという状態を表現したものです。

パレート図を用いて説明されることから、「パレートの法則」とか、「2:8の法則」とも呼ばれます。


恋愛格差について


 現代の格差は、経済的な格差にとどまりません。

 恋愛においても、間違いなく格差が生じているでしょう。モテる男は、更にモテて、モテない男は、更にモテなくなる。

 つまり、恋愛というフィールドについても、「80:20の法則」が存在するのです。

 2割のモテる男が、8割の女性をものにし、8割のモテない男が、残り2割の女性の中にチャンスを見つけようとしているのです。

 本来、アダムとイヴのように、男女は1対1のペアとなるはずが、いつのまにか、自分のイヴは、他のモテる男のもとへ行ってしまうのです。


 なぜ、このような格差が生じてしまうのか?

 原因の一つに、個人の恋愛リテラシーの欠如が挙げられます。

 学問を知らず、実学・実業をおろそかにした者が、富に恵まれず、貧しくなるのと同じように、恋愛リテラシーという能力を高めることを疎かにした者は、モテない人生を送る仕組みになっているのです。

 つまり、社会の仕組みを知らない世間知らずな者が、貧しくなるように、恋愛に無知な者は、モテない境遇に陥りやすいのです。


 それでは、恋愛リテラシー・恋愛能力を高めるためには、どうしたら良いのか?

 格差社会から抜け出すためには、学問が必要と説かれているように、やはり、恋愛についても、学び、知識を高めることが必要なはずです。

 本に学ぶ、ドラマや映画に学ぶ、雑誌に学ぶ、友人・兄弟に学ぶなど、色々、手段があると思います。

 そして、学ぶだけでなく、実際に、アクションを起こすことも必要です。

 その、実践の一つに、ナンパを挙げることができるでしょう。ナンパをすることが、恋愛格差から、抜け出すための一つの方法となるはずです。

この記事への拍手 7票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017 Nanpazista.

合計 09885983 今日 00369 昨日 00738