ナンパ成功法ナンパジスタ > 第12章 ストリートナンパの豆知識 > ナンパを勧めない

ナンパを勧めない

1.ナンパを勧めない 2.ナンパを勧めると 3.アドバイスをすると 4.ナンパは秘密に

 「彼女は欲しいんだけど。出会いが無くて・・・。」

 ナンパ師といえど、普通に友人や知人と遊ぶことも多いと思います。
 そんな時、彼女のいない友人達が漏らすのが、この類のぼやきです。


ナンパを勧めない


 こんな時、友人思いのナンパ師であるなら、彼に色々アドバイスをしてあげたくなると思います。

 たとえば、「ナンパとかしてみるのも良いんじゃない?」とか、「髪型を変えたり、服とか買って積極的になってみるのはどう?」とか、彼のために幾つかの提案をしてあげるかもしれません。

 しかし、こういった場合には、友人に、ナンパを勧めるのは止めた方が良いでしょう。理由は二つあります。

 第一に、その友人がナンパ自体に、とても否定的な価値観を持っている場合があるからです。

 第二に、アドバイスをするということは、現時点での彼を、ある意味否定することだからです。


1.ナンパに否定的な価値観を持っている場合


 男性であっても、ナンパに否定的な価値観を持っている人は、意外と多くいます。出会いは、学校や会社、または友人からの紹介、合コンに限るといった感じで、ナンパは論外という考えの人です。

 別にその考え自体は、当人の自由で良いのですが、その考えで、何年も彼女がいないことも事実だったりします。

 空から素敵な女性が降ってくることを待ち望んでいるのではと勘ぐりたくなるほど、保守的で、消極的な男性もいます。

 こういった友人・知人に、ナンパを勧めることは、逆に、彼を苛立たせる原因になります。彼のためを思ってアドバイスをした結果、かえって、仲が悪くなってしまうことになりかねません。

 ですから、ナンパに否定的であるような友人には、ナンパを勧めるのは止めた方が良いのです。


2.アドバイスは、友人を否定する


 二つ目の理由ですが、髪型や体型、そしてファッションなどについて、友人にアドバイスをすることは、実は、現在時点での彼自体を否定することを意味しています。

 髪型を変えたら?と言うことは、現在の彼の髪型を否定していることであり、同様のことが、服装や体型などにも言えるのです。

 誰しも、自分を否定されたら嬉しくないでしょう。そのため、友人を思ってアドバイスをすればするほど、彼は自分を否定された気持ちになってしまいます。

 そうすると善意でしたアドバイスが、大きなお世話となってしまい、最悪のケースだと何様と思われてしまうかもしれません。

 ですから、アドバイスは、彼が具体的に求めてきた時にだけするのが良いのであって、漠然とした、「彼女が欲しい」というレベルの時には、具体的なアドバイスは控えた方が良いのです。


ナンパは秘密に


 以上のことから、ナンパに否定的な価値観を有していたり、アドバイスをおせっかいと捉える友人に、ナンパを勧めることは、止めた方が良いことはわかるでしょう。

 女性関係に関して、このような考えの友人とナンパ師とでは、どうしても水と油のような関係になりがちです。

 ですから、ナンパをしていること自体を秘密にして、「彼女が欲しいんだけど。」と言われたら、話を聞いて共感するのにとどめておく事が、結果的に、彼のためでもあり、自分のためにもなるはずです。

この記事への拍手 10票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017 Nanpazista.

合計 09885952 今日 00338 昨日 00738