ナンパ成功法ナンパジスタ > 第12章 ストリートナンパの豆知識 > お酒を使った口説き方

お酒を使った口説き方

女性を安心させる飲み方で口説こう : 無理に勧めない・飲みすぎない・スキンシップをとる

 あなたが、女性をナンパした場合、居酒屋やバーといったお酒を飲めるお店に行くことも多いでしょう。

 その際、どれだけ飲ませれば、女性を口説きやすくなるのでしょうか?

1杯だけで十分


 女性が飲めるだけ飲まそうと思っていたなら、それはちょっと違います。どちらかというと、あまり飲ませない方が上手くいくでしょう。

 1杯だけで十分です。お酒を利用して口説こうとする場合には、どれだけたくさん飲んだかではなく、ちょっとでも“お酒を飲んだという事実”自体がポイントになります。

 お酒を飲むと、人はたいてい、顔が火照ったり、耳が赤くなったり、体が熱くなってきます。これは1杯だけ飲んでも起こりえる現象です。

 ですから、1杯飲んだだけでも、その女性に対し、

「大丈夫?顔が結構赤いよ?」

と気遣いながら、頬にふれたり、耳を触ってみたり、または、熱を測ってあげるそぶりで、額などに触れることができます。

 お酒を飲んでいなければ、これらをするのは不自然ですが、1杯飲んだだけでも酔いがまわることもあるので、自然にスキンシップがはかりやすくなります。

 この方法は、実際には、女性の顔や体になんの変化が起こっていなくてもすることができます。ちっとも赤くなくても、顔が赤いよ?といって触れることはできるのです。


女性を安心させる


 たしかに、2杯、3杯と飲めばより酔いやすくなりますが、やたらとお酒を勧めるのでは、下心がみえみえです。

 そうではなく、お酒は飲むけど、酔わないように1杯だけだよということを最初に言ってあげれば、女性も安心して飲むことができます。


安く済ませる


 それに、たくさん飲むより1杯で済ませた方が、当然安く済みます。お酒は1杯500円前後します。それを2人でおかわりすれば1,000円割高になるのです。

 ですから、1杯だけ飲むと言って女性を安心させ、なおかつ、気遣うふりをしてスキンシップまではかり、それでいて節約するのが効果的なのです。

 そのためには、お酒を飲むペースをよく観察することが大切です。自分のグラスのお酒が女性よりいつも多く残っているように飲んでいきます。つまり、女性がグラスに口をつけらた、自分も少しだけ飲むというようにするのです。

 以上のことを整理すると、

1.お酒は1杯飲むだけで、“スキンシップ”がとれる
2.1杯だけと言って、“安心”させる
3.女性より多くは飲まず、“安く”すませる


 この3点を意識しながら飲むとナンパで効果的です。

 ただ、自分が飲みたい気分の時ももちろんあるでしょう。その時は、憂さ晴らしも兼ねてたくさん飲んで多いに盛り上がるのも良いと思います。


例外 : お酒を飲ませてあげると良い場合


 最後に、例外的な場合があるので付け加えておきます。

 上記では、お酒をあまり飲まないようにすることを勧めました。ただまれに、女性の中には、しらふの状態では全然、性的なことに興味を示さないのに、酔ってくると急に甘えてきたりHっぽくなってくる女性もいます。

 これは、普段、理性がとても強く働いて女性をコントロールしているのですが、お酒が入ると、その理性のブレーキが急に緩くなることが考えられます。また、お酒を飲んだからという言い訳ができるので、無意識にHっぽくなることもあるのでしょう。

 この場合には、少しだけ多めに飲んで、女性を理性から解放してあげると上手くいきます。

 もちろん、あくまで飲みすぎ、飲ませすぎには注意が必要ですが。

この記事への拍手 8票

ナンパ成功法ナンパジスタ
・ サイトマップ 1 ・ サイトマップ 2 ・ サイトマップ 3
免責事項

Copyright (C) 2017 Nanpazista.

合計 09868129 今日 00257 昨日 00562